ファスティングと置換えダイエットの違いと効果

ファスティングと置換えダイエットの違いと効果 置換えダイエットの方法と効果

「ファスティング・ダイエット」は、「置換えダイエット」ととっても似ています。

どちらがあなたのダイエットに向いているか、違いを知っておきましょう。

またダイエットに失敗してきた経験があるなら、最終手段として参考にしてみてください。

 

ファスティング・ダイエットとは

ファスティングは断食のことです。

ミニファスティングの18時間断食から24時間断食。

36時間、48時間程度のファスティング(断食)が人気です。

 

断食なので水やお湯だけ

ファスティングを実践している際中は、基本的には、水やお湯のみですごします。

食事に代わるものはいっさい食べません。

近頃では野菜ジュースを手作りしたものや、酵素ドリンクを食事のひとつに置換える方法もあるんです。

 

内臓を休ませ活性化させる効果

ファスティングは、一定の時間食事を摂らずに、内臓を休ませてあげることで新陳代謝を高めると言う効果が有ります。

体調も良くなり腸内環境がよくなるという効果もあり、デトックス効果もあるのです。

ファスティング・ダイエットは、一週間に1~2回がちょうどよい回数として、おススメと言われています。

 

置き換えダイエットの特徴

「バナナダイエット」は効果的か?

置換えダイエットは1日24時間のなかで、3食のうち1食分だけローカロリーの食物に置換え、1日の食事トータル量を減らしていきます。

1食をバナナに変える、お豆腐に変える、コンニャクに代えるなどします。

置換えダイエットは、デトックスや代謝向上と言うよりまず食事を減らすことを重視します。

 

ミニファスティングと似ている

基本的にはファスティングとはすこし違いますが、酵素ドリンク置換えダイエット等は、ミニファスティングととっても似ています。

その為、食事と次の食事の間隔が、一番長く開けることのできる、夕食の置換えダイエットが、一番の効果が期待できるのです。

 

置き換えダイエットは毎日実践

置換えダイエットは、毎日実践することが必要であります。

 

「ファスティング置換えダイエット」の方法と効果

「ファスティング置換えダイエット」とは、ファスティング・ダイエットと置換えダイエットの利点を合わせて、1つにした効果的なダイエット方法とも言えます。

代謝やデトックスというものを高める効果の高いファスティング・ダイエットと、1日の食事量をコントロールする置換えダイエットの両方を1つにしたものです。

 

満腹感を得つつダイエットする

置換えダイエットの場合、カロリーの少ないものを食べることで、満腹感をえることが出来ます。

その為多様なローカロリーの食品を、食事の代わりに置換えることができるのです。

だけれどファスティングは胃腸の中を空におこなうことを重視おこなうので、満腹感を得られるような置換え食品は向いていません。

 

「ファスティング置換えダイエット」でおすすめの食材

ファスティングと置換えダイエットの違いと効果、ファスティング置き換えダイエットでおすすめの食材

ファスティング置き換えダイエット」の場合に、おススメの食材です。

  • 野菜ジュース
  • 酵素エキスなどで作られている飲み物

固形体は避けて、断食の時よりは気持ち的に満足できるものとして、これらは適しているといえます。

酵素ドリンクや野菜ジュース等は、各々含有しているビタミン、ミネラルを酵素が吸収を高めます。

胃腸への負荷が少なくファスティング・ダイエットにもピッタリです。

 

自宅で作ればお得です

酵素ドリンクは一般販売のものは割と金額が高めなので、自宅で作るのもおススメ。

とくに多様なフルーツを私用した酵素ドリンクは、かおりも良く、飲むのも楽しく成ります。

野菜ジュースは、一般販売のものは酵素やビタミン、ミネラルがとっても少ないので、自宅で作るものがおススメです。

新鮮な野菜やフルーツを使うし、青臭さを消す為にはリンゴをジューサーにいれるとよいでしょう。

又レモン汁をプラスおこなうのもおススメです。

 

効果的な置換えダイエットの為の運動

ファスティングと置換えダイエットの違いと効果、おすすめの運動は

「置換えダイエット」は基本的に運動とは関係なく、体重を減らす効果があります。

けれどもすこしでも早く減量したい、大幅に減量したいと思ったら、運動も同時におこなうとが効果をあげます

ではどんな運動が効果的なのでしょう。

 

おススメの運動は有酸素運動8割

まず運動には有酸素運動と無酸素運動があります。

「有酸素運動」はカラダに酸素を入れながらおこなう運動です。

代表的なものは、ウオーキングや水泳、ジョギング、エアロビクス等の運動です。

又「無酸素運動」は酸素を入れずに筋肉を作る運動で、筋トレ系の運動となります。

有酸素運動を中心に8割、筋トレ系無酸素運動2割程度が理想です。

無酸素運動で筋肉を付けることで、基礎代謝を高めることが出来ます。

有酸素運動はエネルギー消費効果があり、どちらもバランスよく行いたいものです。

 

運動好きでない人向きの運動は

だけれ運動があまり得意じゃない、すきじゃないと言う人は、ムリな運動をしても中々続きません。

その為、毎日の散歩を習慣づけるのが良い方法です。

有酸素運動のウオーキングを始めてみるのもおススメです。

又全身運動と言うことで水泳等も人気が有ります。

他にも、自分でストレッチ、スクワットなどの運動も、自分のペースでおこなうのもおススメです。

有酸素運動は、体内を調整している自律神経を正常に整える効果もあるのですが、長期間、運動を実行しないと効果が薄いと言うことも有ります。

又無酸素運動はカラダにメリハリができ、くびれ等も作ることが出来ます。

だけれど筋肉痛が起こったり、怪我しやすいともいえます。

体重を減らした場合、運動を行っているとヒップの形等も垂れにくいと言われています。

コメント

4 dummydummy dummy dummy